青梅鉄道公園

  メニュー

TOPページ 

観光地 

地域情報 

日本のホテル 

日本のニュース 

日本について 

海外事情 

海外のホテル 

雑学 

リンク 


更新日:
 2012年5月5日



◎青梅鉄道公園(2012年5月5日)
 青梅鉄道公園は1962(昭和37)年に、鉄道開業90周年記念事業として旧日本国有鉄道が開設した公園です。実物の鉄道車両を中心に展示、公開している公園です。
 園内には、鉄道開業時に使われた蒸気機関車をはじめとする貴重な鉄道文化財(11両)が屋外展示されています。付属する記念館には、模型を中心をした鉄道の解説資料が展示され、鉄道を目の前で直に楽しく理解できる施設となっています。
 また、小さな子供も楽しめるように、ミニSL「弁慶号」のほか、“乗り物”の遊戯が多数設置されています。どれも100円です。100円玉を沢山、持っていく必要があります。
 中にはベンチがありますが、日陰になるところが少ないので、夏は厳しいかもしれません。「公園」と言っても、中は、思っていたよりも、はるかに小さかったです。

・場所と交通機関
 JR青梅線、青梅駅の北側にあります。東京方面からのアクセスは、JR中央線で立川駅まで移動、立川駅で青梅線に乗り換えて、青梅駅で下車します。東京駅から直行する「青梅特快」や、土曜、休日に運転している「ホリデー快速おくたま号」が便利です。
 青梅駅の改札口は1箇所です。左方向に細い道路を進んでいきます。古い商店街のような道を抜けると小さな交差点があります。左の角はラーメン屋さんです。ここを左に曲がって、乗ってきた青梅線の線路を越えて歩いていくと、青梅市の永山公園総合運動場があります。ここから坂道を上ることになります。
 車の場合は、隣接する永山公園の駐車場を無料で使用できます。しかし、台数が少ないため、連休時などは、駐車場渋滞が発生しそうです。

入園料
 100円(小学生以上)

開園時間
 3月〜10月:10時〜17時30分(入園は17時まで)
 11月〜2月:10時〜16時30分(入園は16時まで)

休園日
 月曜日(国民の休日・振替休日の場合は開園し、火曜日休園)
 年末年始(12月29日〜1月2日)

住所:東京都青梅市勝沼2-155番地
電話:0428-22-4678
FAX:0428-22-4716




のら園長さんですが、この日は不在でした。



こちらがミニSL「弁慶号」です。



乗車可能ですが、走る距離は、とても短いです。



このようにSLがたくさん、展示されています。



新幹線広場には、0系新幹線がいます。


inserted by FC2 system