わらじトンカツのお話

  メニュー

TOPページ 

リンク 

海外情報 

色々な話 

科学の話 

医学の話 

食品の話 

用語辞典 

メモ 

 


更新日:
 2008年9月18日






◎わらじトンカツ
 名古屋の有名な料理に味噌カツがあります。味噌カツを最初に始めたのは、「矢場とん」というお店らしいです。矢場とんのみそだれは、さらりとした茶色の味噌ダレです。もともと味噌カツは、串カツをどて鍋(もつの煮込み料理。名古屋では豆みそで煮込むそうです。)のたれに浸して食べたところからヒントを得たとのことで、このイメージを保っているのだそうです。
 この矢場とんに、「わらじトンカツ」という料理があります。「わらじのように大きい」ということから、「わらじトンカツ」と言うようです。ロースとんかつのほぼ倍の大きさで、実際に目の前に出されると「でかい!」と感動します。あまりの大きさに、完食できるか不安でしたが、ソースと味噌のダブルのタレが美味しく、あっという間に食べきってしまいました。味噌カツも美味しいですが、これだけ大きいトンカツでは、味が変わった方が食べやすいですね。大きくても、とても美味しいトンカツでした。しかし、何故、「わらじ」が「大きい」のでしょうか。わらじの大きさは、個人の足の大きさ次第だと思うのですが。









inserted by FC2 system