浦和の鰻のお話

  メニュー

TOPページ 

リンク 

海外情報 

色々な話 

科学の話 

医学の話 

食品の話 

用語辞典 

メモ 

 

更新日:
 2013年9月2日






◎浦和の鰻
 さいたま市の浦和地区は、大昔は海だったそうです。その後の地勢変化によって、浦和地区には沼や湿地帯が残り、ウナギがたくさん生息するようになりました。
 江戸時代、浦和近郊は沼地が多く、川魚が多く生息する水郷地帯で、魚釣りなどを楽しむ行楽客で賑わっていました。その行楽の人々に、沼地でとれたウナギを出したのが始まりで、浦和を通っている中山道を旅する商人にウナギを提供する店が出たようです。当時は、蒲焼きが主流で、浦和地区は蒲焼発祥の地とも言われているそうです。
 大正時代の半ばになって、水田耕作の開発のため、地場の鰻はいなくなってしまったそうです。しかし、現在でも浦和地区には、江戸時代からの伝統の味を継承する老舗が軒を連ねています。また、うなぎの蒲焼という二百年来の伝統の味は、「浦和のうなぎを育てる会」によって受け継がれています。
 2008年(平成20年)に、さいたま市は、この伝統ある浦和のうなぎを平成20年度「さいたま市伝統産業」に指定しました。
 浦和では、江戸時代からの伝統の味「浦和のうなぎ」を広くPRするために「浦和うなこちゃん」といううなぎのマスコットを作っています。このマスコットの生みの親は、アンパンマンの漫画家として知られるやなせたかしさんです。浦和うなこちゃんは、さいたま観光大使にも任命されています。

・小島屋
 南浦和駅近くにある老舗の鰻店です。小島屋から見晴らす田園と沼地は、昔は行楽地として多くの人が来訪したことを偲ばせます。
 明治時代後期、沼岬に居を構えていた小嶋家が、沼で獲った鰻を提供したところ評判となり、川魚料理店を始めたそうです。
 5代目の正行が守り続ける味は、甘辛いタレを使い、紀州の備長炭でパリッと香ばしく焼き上げた大ぶりの蒲焼です。広大な庭を眺める日本家屋には、座敷席と10の個室があり、日常から仏事まで幅広く利用されています。
 伝統を守り続けて200年であるとか、「鰻の蒲焼」発祥の店であるとか、いろいろとうんちくがあります。一串、一串丁寧に仕上げたうなぎの蒲焼、白焼が自慢のお店です。

住所:埼玉県さいたま市南区太田窪2166
電話:048-882-1382


・太田窪谷田川(だいたくぼやたがわ)
 浦和市太田窪、うなぎ蒲焼き発祥の地にある鰻屋さんです。藤右衛門川、さくら通りにあります。さっぱりとしたタレで焼き上げていて、うなぎを多くの人に楽しんでいただけるよう、お手頃な値段でうなぎメニューを提供しています。

住所:埼玉県さいたま市緑区太田窪1-12-23
電話:048-885-7939





inserted by FC2 system