お好み焼き

  メニュー

TOPページ 

リンク 

海外情報 

色々な話 

科学の話 

医学の話 

食品の話 

用語辞典 

メモ 

 

更新日:
 2014年11月2日






◎お好み焼き
 お好み焼き(おこのみやき)は、小麦粉を水に溶かした生地を焼いた鉄板焼き料理の一種であり、日本の庶民的な料理です。通常は、水に溶いた小麦粉を生地として、野菜、肉、魚介類などを具材とし、鉄板の上で焼き上げ、ソース、マヨネーズ、青のりなどの調味料をつけて食べます。焼き方や具材などに地域ごとの特徴があります。代表的なお好み焼きとして「関西風お好み焼き」と「広島風お好み焼き」が有名です。
 このお好み焼きのルーツは、「麩の焼き」という和菓子だそうです。「麩の焼き」は、「麩焼き」とも言われる小麦粉を主体とした和菓子です。小麦粉を水で溶いて、平鍋に入れて薄く焼いて、芥子の実などを入れ、山椒味噌や砂糖を塗った生地を巻物状に巻いて成形した食べ物です。
 巻いた形が巻物経典を彷彿とさせることから、仏事用の菓子として使われてきました。「秋の膳」の和菓子であり、茶会の茶菓子として、安土桃山時代の千利休が作らせていたそうです。利休の茶会記「利休百会記」にも、その名が記載されているそうです。なんと利休は、88回の茶会のうち、68回の茶会で使っていたそうです。
 江戸時代末期には、味噌に替えて餡を巻く「助惣焼(すけそうやき)」というお菓子ができました。さらに、明治時代になると「もんじゃ焼き」や「どんどん焼き」が生まれたと言われています。さらに1923年(大正12年)の関東大震災の後には主食的な位置を占めるようになっていったようです。そして大正から昭和にかけてウスターソースを使用する「もんじゃ焼き」や「一銭洋食」という食料不足を補う料理に変化し、さらにコンニャクや豆といった具を入れ、醤油で味付けして食べる「ベタ焼」や「チョボ焼」が誕生し、それがお好み焼きに発展していったようです。
 関西のお好み焼きは、「混ぜ焼き」が特徴です。「混ぜ焼き」とは、小麦粉にだし汁を入れ、鶏卵や山芋を混ぜた生地を作り、その中に刻んだキャベツや魚介類などの具材を混ぜて、よくかき混ぜてから焼く料理方法です。「関西風お好み焼き」は、このような調理方法が主流です。また、関西では単に「お好み」と略して呼ばれる事が多いようです。
 一方、広島では、鉄板に薄く延ばした生地に多量のキャベツと具材を載せて、更に上からもう1枚の生地を乗せてキャベツを蒸し焼きにする「広島風お好み焼き」が普及しています。




  
  



inserted by FC2 system