今川焼きのお話

  メニュー

TOPページ 

リンク 

海外情報 

色々な話 

科学の話 

医学の話 

食品の話 

用語辞典 

メモ 

 

更新日:
 2012年6月30日






◎今川焼き
 私の実家付近(静岡県静岡市)では、「今川焼き」とか、「大判焼き」と言う名称で呼ばれていたと記憶しています。一般的に、小麦粉、卵、砂糖を水で溶いて作った生地を円形のくぼみのある鉄または銅製の焼き型に流し込んで餡を乗せ、その上にさらに生地を流し入れるか、別の型で焼いておいた同型の生地を乗せて、高さの低い円筒形に焼いた和菓子です。
 生地に挟まれる餡は、小豆あんが主流ですが、最近では、色々な種類が餡があるようです。例えば、白アン、カスタードクリーム、ポテマヨ(ポテトとマヨネーズ)、ラザニアなどです。台湾では、車輪餅、紅豆餅、太鼓饅頭などの名で販売されているそうで、タロイモ、ゴマ餡とピーナツ、キャベツ炒めやカレーなどの具を入れた商品もあるそうです。
 形状は、小判型や丸型が一般的ですが、「ぱんじゅう」のようにたこ焼きに似た半球の丸い形状と釣鐘状のものもある。さらに言えば、外観(焼き型)を変えたものがタイ焼きであり、どこからどこまでが「おやき」なのか、区別は難しいと思われます。
 今回、調べてみたところ、日本全国で様々な名前で呼ばれているようです。単純に「おやき」と言う所もあれば、大判焼き、小判焼き、二重焼き、回転焼きという名称もあるそうです。分かった範囲をまとめると下記のようになりました。

 ・あじまん(山形市)
 ・甘太郎焼
 ・今川焼き
 ・大判焼き
 ・おばんやき(青森)
 ・おやき(北海道、青森市、弘前市など)
 ・回転焼き(奈良、大阪)
 ・回転饅頭(大阪市、堺市)
 ・画廊まんじゅう(静岡市清水区)
 ・義士焼き
 ・御座候(姫路市ほか)
 ・御座候(兵庫、埼玉)
 ・小判焼き
 ・七越焼き(富山市)
 ・志゙まんやき(じまんやき)
 ・人工衛星饅頭
 ・太閤焼き
 ・太鼓まん
 ・太鼓饅頭(高知市)
 ・太鼓焼き
 ・花見焼き(埼玉県蕨市)
 ・ぱんじゅう(小樽)
 ・びっくり饅頭(広島県呉市)
 ・蜂楽饅頭(熊本県)
 ・豊楽饅頭(福岡)
 ・夫婦まんじゅう

 この他にも、JRAの競馬場内で販売している「G1焼き」など、発売場所のイベントや祭りに関連した名称を付けている場合もあるようです。

 「今川焼」という名称は東京、「大判焼き」は愛知や大阪で呼ばれているようです。静岡市は、両方の文化が入り混じって、両方の名称があったのでしょうか。
 「今川焼き」の名称は、江戸時代中期の安永年間に、江戸の神田に今川橋という橋に由来するようです。当時の地元町人の代表であった名主、今川善右衛門の姓から「今川橋」と名付けられた橋は、昭和25年に竜閑川の埋め立てと同時に解体され、現在ではありません。江戸時代、今川橋付近の店で、このような焼き菓子が売り出されたことから「今川焼き」と呼ばれたようです。
 ただ、この今川焼きが全国に広がっていったと考えると、名称の多さ、形状、種類の多さが説明できません。今川焼きを食べたり、見た人が真似をして作っていったようにも思えますし、同時期に、似たようなお菓子が発生したとしても不思議ではありません。多分、ルーツを探すのは難しいのでしょうね。






inserted by FC2 system