えびめし

  メニュー

TOPページ 

リンク 

海外情報 

色々な話 

科学の話 

医学の話 

食品の話 

用語辞典 

メモ 

 

更新日:
 2017年3月3日






◎えびめし(岡山市)(2017年3月6日)
 「えびめし」とは、御飯に海老などの具を入れて、油で炒め、ソース味に仕上げた料理で、岡山市(中心市街地)の郷土料理として有名です。岡山では、お年寄りから子供まで、誰もが知っているローカルフードです。現在では、岡山のB級グルメとして有名になっています。
 岡山市中心部では喫茶店、洋食店、大衆食堂でも味わうことができます。ラーメン店、和食店、鉄板焼き店の他、県内の一部のスーパーにて惣菜として販売されているなど、岡山市では、一般的な料理として知られています。JR岡山駅構内のコンビニエンスストア(セブンイレブン)では、おにぎりタイプの「えびめし」が販売されています。
 「えびめし」はエビが入ったピラフと思えば良いのですが、見た目は真っ黒です。デミグラスソース、ケチャップ、カラメルソースなどをベースにした「えびめしソース」で炒めているため黒褐色になるそうです。味が濃いように思いますが、思ったほど濃い味ではなく、あっさりとしています。
 付け合せとして錦糸卵を上に乗せてキャベツの千切り(酢漬けやコールスローの場合もあるそうです)を添えるのが一般的です。また、ハンバーグやシーフードのフライを添えたり、オムライスに仕立てたり、店によってさまざまなバリエーションがあります。
 また、「えびめしソース」は、各店、それぞれ独自の工夫をしており、色々な隠し味を加えているようです。最近では、家庭で手軽に作れるソースや冷凍食品なども製品化され、販売されています。
 えびめしは東京、渋谷のカレー店「いんでいら」というお店で発明された料理がルーツになっているそうです。渋谷の「いんでいら」が1955年(昭和30年)に創業した当時からのオリジナルメニューだったそうです。もともとカレーとドライカレーの中間くらいの料理というコンセプトから生まれた料理で、特製のソースをたっぷりと絡めた炒め飯で、チャーハンのようでもあり、ピラフのようでもある、独特の料理だったそうです。
 この店で働いていた岡山県出身の店員、出井達海氏(現、株式会社いんでいら、社長)が暖簾分けの形で許可を得て故郷、岡山に持ち帰り、アレンジを加え、1966年に岡山市奉還町に開店した自身の店で提供したそうです。インパクトある見た目から口コミなどで話題となり、行列が出来るほど人気となり、さらに味の改良を重ね、現在の味に至っているそうです。現在は、「えびめしや」という洋食屋さんを運営されています。
 ちなみに東京渋谷のカレー店「いんでいら」は、その後、渋谷宮下から大田区千鳥町に移転したそうですが、2016年に閉店し、消滅したそうです。現在、渋谷道玄坂に存続している「いんでいら」は元祖のお店ではなく、暖簾分けされたお店だそうです。
 なお、ちらし寿司の一種に「えびめし」という料理があるようですが、この「えびめし」は全く別の料理です。



     えびえめしやのえびめしです。



inserted by FC2 system