はりや

このサイトは、日本の地域の情報についてまとめました。

  メニュー

TOPページ 

観光地 

地域情報 

日本のホテル 

日本のニュース 

日本について 

美味しいもの 

海外事情 

海外のホテル 

雑学 

リンク 


更新日:
 2016年6月20日



◎はりや(2016年6月15日)
 外見は、何の変哲もない建物です。看板もないので、お店かどうか、分かりません。のれんの下に出入口があり、そこには営業時間が書いてあるのですが、営業中は暖簾に隠れて見えません。ですから、本当にお店なのか、全く分からないのです。
 知人に連れられて12時前に到着したのですが、ドアを開けてびっくりです。店内は細長いL字型のカウンターのみの席で、壁際に一列に順番待ちの人が並んで待っていたのです。18席くらいしかないので、大きいお店とは言えません。
 我々も行列に並ぶと、しばらくして、前の方のお客さんにカウンターの内側から大将らしい人が「注文聞きます!」と声をかけて、何人かの注文を聞いていました。カウンターの内側では、一人が麺を茹で、大将が茹で上がった麺を水で締めてザルに乗せ、さらに皿に乗せます。すると奥さんらしい人が天ぷらを乗せてお客さんに配るという非常に効率的な連係プレーで運営されていました。さらにお母さんらしい人は、ひたすら天ぷらを揚げていました。4人しかいないのですが、非常に効率よく仕事を分担している感じでした。
 大将は意外に優しい声で、お客さんに色々な声をかけたり、気遣いをしていて、見ていても気持ちが良い感じでした。家族的な雰囲気で、非常に心地よい雰囲気のお店でした。
 連れて来てくれた知人に何が美味しいのか聞いたら、「かしわザル(鶏の天ぷらのザルうどん)が有名だ」、と教えてくれました。そこで、かしわザルの大盛りを注文しました。他の人の注文を聞いていると、「イカザル」も人気でした。
 見ていると、うどんを茹でる専用の釜は1つしかないため、ある一定量をまとめて茹でているのですが、お客さんとのタイミングが合わないと、席についてもしばらく待たされるという状態になります。もう少し、小分けで茹でられれば、お客さんの回転が早まるのかもしれません。
 私と連れは大盛りを頼んでいたのですが、料理を出された時、「麺は、後で追加で出しますから」と言われました。大盛りの分など、麺が足りなくなっちゃうことがあるので、まずは、ある程度の人数に料理を提供し、大盛り分は、次に茹でた分で提供するという方法で回転をあげているようでした。食べる方としては、最初にまとめてあっても、後から足してもらっても一緒ですから、特に気にしませんでした。
 ただ、大盛りではない分量でも、麺の量は、とても多いと思いました。麺を一口、食べると、小麦の良い香りがして、麺がつるつるとしていて、つけ汁をつけなくても美味しい麺でした。つけ汁は、甘い感じの出汁でした。結構、麺が長いので、絡み合っていると、なかなか取り出しにくいです。でも、美味しかったので、あまり気になりませんでした。
 噂のかしわ天は、味がついていて、とても美味しかったです。鶏自体も美味しかったですし、味付けも美味しかったです。拳より少し、小さい大きさの天ぷらが5個、ありましたが、なかなかのボリュームだと思います。
 私と連れは、途中で「追加の分です」と別の御椀に麺を入れて提供されました。追加の量が分からなかったので、鶏天を少しずつ食べていたのですが、思っていた以上の麺量でした。
 他の人の料理も見ていたのですが、天ザルも美味しそうでした。野菜の天ぷらがたっぷりで、カラッと揚げられており、追いしそうでした。次回は天ザルにしようかと思いましたが、イカザルも美味しそうですね。











       かしわざるうどん

・はりや
 住所:香川県高松市郷東町587-174
 TEL:087-882-3301
 営業時間:11:00〜 売り切れまで
 定休日:日曜日、祝日
 駐車場:有(15台くらい)
 アクセス:JR、香西駅から1,047m
 席数:18席


inserted by FC2 system