鶴喜そば

このサイトは、日本の地域の情報についてまとめました。

  メニュー

TOPページ 

観光地 

地域情報 

日本のホテル 

日本のニュース 

日本について 

美味しいもの 

海外事情 

海外のホテル 

雑学 

リンク 


更新日:
 2017年3月20日



◎鶴喜そば(2017年3月14日)
 鶴喜そばは、比叡山延暦寺の門前町として栄えた坂本にある歴史のある蕎麦屋さんです。坂本はかつて三塔十六谷、三千坊といわれた比叡山延暦寺の台所を預かる門前町として栄え、参詣の人々で賑わいました。鶴喜そばは、享保初年(1716年)に鶴屋喜八という人が坂本の里に蕎麦営業の店を開設したのが最初だそうです。
 六代目、上延喜八郎の没後、分家が「鶴喜そば製菓(株)」を設立し、本家と分家は別会社となったそうです。本家鶴喜そばは、初代当主、鶴屋喜八の味と技を代々受け継いだ手打そばを守っているそうです。
 建物は築130年の入母屋造で、1997年(平成9年)5月23日、国の登録有形文化財にも指定されているという風情のある建物です。当初、桧皮葺だった唐破風は、消防法によって、現在では銅版になっています。2002年には大屋根の修復工事を行い、2006年初春に母屋一階席と座敷を改装し、中庭も手入れしたそうです。

















・本家 鶴喜そば 本店(ほんけ つるきそば)
 住所:滋賀県大津市坂本4-11-40
 TEL:077-578-0002
 営業時間:10:00〜18:00
 定休日:第3金曜日
 駐車場:有
 アクセス:京阪電車、石山坂本線、坂本駅から91m
 カード:不可

inserted by FC2 system