仲見世

このサイトは、日本の地域の情報についてまとめました。

  メニュー

TOPページ 

観光地 

地域情報 

日本のホテル 

日本のニュース 

日本について 

美味しいもの 

海外事情 

海外のホテル 

雑学 

リンク 



更新日:
 2015年12月25日



◎ここ一軒で伊勢・志摩 仲見世(2015年12月29日)
 伊勢志摩直送の旬な食材を使った伊勢志摩料理をはじめ、伊勢赤鶏、志摩ロイヤルポークなど、地元でしか食べられない素材を使った創作料理が楽しめるお店です。
 かつおの藁いぶし焼きがお勧めだそうです。注文が入ってから1品、1品、目の前で焼き上げるカツオが自慢だそうです。
 アッパ貝、マンボウ、サメなど、地元でしか食べられない珍味も揃っていますので、これらの食材を試してみるのも良いのではないでしょうか。





・カツオのわらいぶし焼き
 藁(わら)独特の香りと瞬間に燃え上がる火力で、ふわっと味わい深い鰹に仕上げる料理です。藁焼きにすることで、魚の旨みがぐっと閉じ込められます。



・牡蠣の味噌煮
 牡蠣も美味しかったですし、出汁も美味しかったです。



・さくら玉子のあおさ出汁巻き
 三重県産のさくら卵と三重県特産あおさの出汁巻きです。



・アン肝
 上品な感じですね。



・マンボウナゲット
 珍しいマンボウの唐揚げです。食べた感じは、鶏肉みたいな感じですが、少し、食感が鶏肉とは異なっていました。あっさりしていて、美味しかったです。他では食べられないのであれば、是非、食べてみるべきでしょう。



・志摩のあばれん棒
 あばれん棒とは、「サメタレ」の天婦羅だそうです。「サメタレ」とは、「サメの干物」だそうです。ですから、サメの干物の天ぷらです。これも他では食べられない一品でしょう。これも美味しかったですよ。



・伊勢てこね寿司
 漁師が漁の合間に食べた食事が発祥とのことで、伊勢・志摩の名物だそうです。



・ここ一軒で伊勢・志摩 仲見世
 住所:三重県四日市市諏訪栄町6-10 1F
 TEL:050-5834-8604
 営業時間:17:00〜24:00
 定休日:月曜日
 駐車場:無
 アクセス:近鉄、名古屋線、近鉄四日市駅、北口から徒歩3分


inserted by FC2 system