角栄

このサイトは、日本の地域の情報についてまとめました。

  メニュー

TOPページ 

観光地 

地域情報 

日本のホテル 

日本のニュース 

日本について 

美味しいもの 

海外事情 

海外のホテル 

雑学 

リンク 



更新日:
 2015年6月28日



◎Miso Noodle Spot 角栄(2015年6月28日)
 新潟市巻町発祥とされる濃厚味噌ラーメンを提供するお店です。幡ヶ谷の我武者羅で土曜のみ営業している「弥彦」の独立店舗で、弥彦同様に新潟味噌ラーメンを提供しています。2014年9月5日に開店した味噌ラーメン専門店です。
 濃厚味噌ラーメンは、雪国新潟の寒さに負けない味の濃さが特徴です。つけ麺でもないのに割りスープがついています。濃い味付けのスープを徐々に薄めながら食べるのが、新潟の味噌ラーメン店のスタイルだそうです。
 店内は洋食のカジュアルレストランのように明るく、モダンな空間で、とてもラーメン店とは思えないようなおしゃれな雰囲気ですが、券売機があります。明るい店内はカウンター席が16席と、奥にテーブル席が4席あります。おしぼりも提供されるので、女性も入りやすいと思います。私が行った時もカップルの客が多く、デートの途中での食事にも利用できるオシャレなお店だと思います。
 トロッとした濃いスープには、細かい背脂がたっぷり入っていて、ほんのり甘く、まったりとした濃厚な味噌味です。麺は中太麺で、濃厚スープに負けないモチモチとした食感です。(麺の硬さは、注文時にお願いできます。)
 また、新潟のラーメンはチャーシューではなく、角煮を入れるのだそうです。この角煮は、ゴロっとした大きさながら柔らかくて美味しかったです。
 メニューは、メインとなる濃厚味噌、カレー味噌、激辛味噌の3種類のラーメンと、それぞれのつけ麺です。ラーメンの大盛りはありません。つけ麺は、麺の量が選べるようです。御飯はありますが、ランチタイムには餃子はありません。餃子は夜のメニューとなっているようです。
 テーブルにはデスソース(ジョロキアソース)が置いてあります。辛味を足したい人は、無料で使用できますが、とんでもない辛さなので、使う時は注意が必要です。トッピングのモヤシに合うかと思って、少し、付けてみましたが、強烈な辛さでびっくりしました。

・濃厚味噌:800円
 越後味噌の赤を軸に新潟産の味噌四種をブレンドし、新潟県妙高市の特産物である、かんずりを練り込んだオリジナルダレと特殊な技法で抽出した豚と鶏の動物系スープを合わせたスープです。

・カレー味噌:850円
 濃厚味噌をベースに数種のスパイスを配合したカレー味噌スープです。チーズ、トマト、セロリといった具材が、複雑な味を作っています。女性に人気ナンバーワンだそうです。

・激辛味噌:850円
 濃厚味噌をベースに唐辛子の辛さと花山椒(ホワジャオ)の痺れ感をバランス良く合わせた味噌スープです。辛さの段階は最大5倍までアップOKなのだそうです。



     店舗の外見です。



     店内です。



     これが濃厚味噌ラーメンです。



     濃厚味噌ラーメンです。



     激辛味噌ラーメンです。



     割りスープです。ほんのり甘いスープです。

・Miso Noodle Spot 角栄(http://twoseeds.jp/)
 住所:東京都渋谷区千駄ヶ谷5-29-7 ドルミ御苑ビル103
 TEL:03-3341-4100
 営業時間:11:00〜21:30
 定休日:無
 駐車場:無
 アクセス:JR、代々木駅、徒歩3分
 席数:カウンター:16席、テーブル:4席


inserted by FC2 system